[ case1 | case2 | >>case3 | case4 ]

[ top | 嘘一覧 ]

「支配された交通機関!」
 

真の脅威は気付かないうちに我々の背後に忍び寄る。
JRから私鉄に至るまで交通機関は
ヤツラに支配されている!
恐るべき脅迫の実態をドクターDが明らかにする!

ヒロシ ドクターD。宇宙人は本当に地球にきているのでしょうか?
ドクターD 来ている。ただ公然とは現れていない。
ヒロシ 宇宙人が米軍に囚われているというやつですか?
確かめようのない話で胡散臭いのですが。
ドクターD 違う。もっと君の身近にいるよ。
ヒロシ ええっ!まさかドクターDが宇宙人なんですか?
ドクターD いやいや、そう早とちりしてもらっては困る(苦笑)
そう・・・例えば交通機関とか・・・
ヒロシ 交通機関?
ドクターD そう。君は今日電車に乗ってここまで来たね?
ヒロシ あ、はい。JRで来ました
ドクターD そう、そのJRは宇宙人に支配されている。
ヒロシ ええっ!
ドクターD 驚くのも無理はない。
大衆は真実を知らされていないのだよ。
ところで君は今日、
シルバーシートに座ってきたかね?
ヒロシ いや、別に座ってませんけど。
シルバーシートって座りにくいですし。
ドクターD 何故座りにくいのかね?
ヒロシ いや、だってお年寄りとかの優先席じゃないですか
そりゃ座りにくいですよ。
ドクターD 本当にそうかな?
ヒロシ ・・・・・・・・
ドクターD 君はシルバーシートに気圧されたことはないかね?
ヒロシ 確かにシルバーシートには何か威圧感がありますね。
ドクターD では、聞くが、君は老人に威圧感を感じるかね?
ヒロシ いや、そんなことはないです。
ドクターD

そうだろう。
君は老人に気圧されているのではなく。
シルバーシートに気圧されているのだ。

 それこそ奴等の仕組んだ陰謀とも気づかずにね!

ヒロシ 仕組まれた陰謀?一体どういう事ですか?
ドクターD

ヒロシ君、これを見たまえ

ヒロシ これは・・・シルバーシートのマークじゃないですか
ドクターD

そう。だがこうすると・・・・・・・


ヒロシ
これは・・・・・!グレイ!
ドクターD そう、シルバーマークは実にグレイをモチーフにしているのだよ
ヒロシ しかし・・・なぜ?
ドクターD グレイは地球人に敬われたいらしい。
そこで、地球人の敬老精神を利用して、
老人と宇宙人を巧妙にすり替え
敬グレイ精神を植え付けたいらしい・・・・
ヒロシ そんな恐ろしいことを・・・
      一体なぜJRはそんな暴挙を放置しておくのですか!
ドクターD おそらくは、
社員の何割かが既にグレイと入れ替わっているのだろう
だがそんな些末なことはどうでもいい。
いま事態はもっと切迫しているのだ。
ヒロシ 切迫した事態・・・ですか?
ドクターD

近頃、シルバーシートは優先席と名前を変えられている。
こんなマークを見たことはないかね。

ヒロシ 確かに近頃良く見ますね。
ドクターD これは、ヤツらの侵略開始予告だ。
ヒロシ エッ!
ドクターD

まずは、これを見ていただこう

ヒロシ 人が怪我を負わされている・・・・・・・!!
ドクターD

これが人類への脅迫でなくて
何だというのかね?

次はこれだ!

ヒロシ 人が刺されている・・・
悲鳴が聞こえてきそうだ・・これは杖ですか?
ドクターD 杖?何を馬鹿なことを言っているんだ、彼ら独特の武器さ。
我々を刺殺しようと言う予告だな。
ヒロシ そんな・・・・
ドクターD

だがそれだけでは終わらない。次はこれだ。

ヒロシ あぁ!
人が何か小さい生物に乗っ取られている!!

この生物もグレイですか?
ドクターD

そう見るのが妥当だ。そして次にくるのはこれだ。

ヒロシ ヤツラが完全に体内に入り込んでいる!
ドクターD そう、これこそ、『彼ら』の侵略計画だ。
まず、独特な武器を用いて怪我を負わせ、戦意を喪失したところで我々を体内から乗っ取るというわけさ!
ヒロシ なんて恐ろしい…ヤツラがこんな身近にまで迫っていたなんて…
ドクターD これからは身の回りに気をつけて生活することだな
ヒロシ はい!これからはJR職員に目を光らせます!ドクターD!今からJR職員を退治しに行きませんか?
ドクターD その意気だ。

Next>「大暴露!異星人の死体!」

 

[ top | 嘘一覧 ]