Final FantasyIX嘘攻略 攻略チャート
[ DISK1 | DISK2 | DISK3 | DISK4 ]
攻略チャート 
DISK2 [ 南ゲート〜イーファの樹 ]
 
南ゲート

 ガーネットとスタイナーは南ゲートからアレクサンドリアへ向かいます。カーゴを降りて休憩所に行くと魔の森で殺したはずの自転車屋玄さんの生霊が出現。「よくも殺したな。末代まで呪うてやる。」と怨念を込めて呟き、スタイナーの足をギュッとつかみ、スタイナーの足には自転車模様のあざが出来てしまいます。

 玄さんの呪いが大変怖いということを思い知るスタイナー。以後、自転車屋は殺すまいと心に決めます。玄さんに呪われた後、マーカスと再会です。マーカスもついでに呪われます。呪いのせいでマーカスは歯を幾ら磨いても綺麗になりません。

 

トレノ

 マーカスと白金の針を探すことになり一向はトレノへ向かいます。

 塔に行くと、トット先生と再会。トット先生は「アメリカでは野球ってのは、昼間にやるもんだ。親父が息子を連れていって、親子で同じ白球に興奮するのさ。それが日本じゃどうだい、視聴率稼ぎでナイターばかり。これじゃあ、日本にベースボールは根付かないヨ。」とよくわからないお説教をします。

 そこに「株式会社白金の針デリバリーサービス」の職員がやってきて4tトラック一杯の白金の針をくれます。マーカスは料金の代わりにと「マーカスのブリーフ」を職員に渡し、職員は大喜びします。

<Movie(18sec)> 白金の針デリバリーサービスの職員に手渡される、黄金色の「マーカスのブリーフ」

 

大江戸線

 都営地下鉄大江戸線を使って、アレクサンドリアに向かいます。途中で練馬春日町駅という変った駅がありますが、我慢して降りずにいるとやがてアレクサンドリア城です。練馬春日町駅でウナギ弁当が売っていますが、あまりおいしくありません。

 

クレイラへ

 ジタン・フライヤ・ビビ組にチェンジ。フライヤはクレイラの幹に行こうと主張しますが、ジタンは自分を「トリッキー・ジョー」と呼んで欲しいと駄々をこね、なかなかクレイラにたどり着けません。

 ビビが嫌々「ジタン…じゃなくて、トリッキージョー…」と呟くといつのまにか舞台はクレイラの街に移っています。ジタンは狂喜して「俺はトリッキージョーだ」と声高らかに宣言します。

 

クレイラの街

 クレイラの街には逃げ延びたブルメシアの王がいます。しかも次期都知事選の出馬を狙っており、「のう、フライヤ、ねずみでは石原都知事に勝てんのかのう。歯の伸びる速度なら絶対に負けんのにのう」と愚痴をこぼします。そのかたわらでジタンが「俺は…俺はトリッキージョーだ!」と叫んでいます。

 そのうち、階下で子供がアメ玉をなめているという報告があり、急いで駆けつけると、パック王子が異常な量のアメ玉をなめています。

<Movie(10sec)> 異常な量のアメ玉をなめるパック王子

 

クレイラの街(儀式)

 フライヤが「ゴーミゴーミゴミおばけ〜♪」と歌いながら奇怪な踊りを踊ります。踊りが進むにつれ、フライヤの首がスルスルと伸び、隣の部屋の行灯の脂をピチャピチャなめ、儀式は終わります。

 儀式の後、ホイットニー・ヒューストンの大群が攻めてきます。ホイットニーヒューストンの大群を倒すと、クレイラの街が石原軍団に攻め込まれ、21世紀の石原裕次郎を探しだしはじめます。 そこにフラットレイの水着写真が巻頭グラビアに掲載されたヤングジャンプを差し出すと、石原軍団は大変なショックを受けて、立ち去ります。

 石原軍団と入れ替わりにベアトリクスが現れ、小粋なアメリカンジョークを披露します。あまりのつまらなさに固まっていると、ストックブレイクをかけられ、HPを1にされた上、「今後ベアトリクス様のアメリカンジョークには必ず爆笑します。」と念書を書かされます。

 

アレクサンドリア

 スタイナー達が牢屋から脱出すると、そこは一面の花畑、「自分はスミレ草のごとく生きたいのである!」とスミレ草の上をごろごろしていると、ジタン達と合流し、囚われのガーネットを救出に行くことになります。

 ガーネットはゾーンとソーンの手によって蕎麦屋「葵亭」に閉じ込められています。3人の強化出前を倒して、ガーネットを救出成功!しかし、既にゾーンとソーンの手によってガーネットの業界新聞は奪われてしまっています。そして、また山手線に乗ってアレクサンドリア城を脱出!

 

ピナックル・ロックス

 ラムウが出す話を順番にならべます。
  正しい順番は『発端』→『協力』→『沈黙』→『人間』or『堕ちた女教師・淫獣の宴』

 

ク族の沼

ク族の沼にある「仲間製造システムΣ(シグマ)」でクイナを製造し、クイナを仲間にします。

 

フォッシル・ルー

いきなりボス「フォルダー5」と対決。かつて確かに存在した男の子のリーダーの行方を聞くと勝利。続いて、ボス「新歓コンパ帰りで酔いつぶれた大学生」と戦闘。あまり強くはないのでジタン、フライヤの物理攻撃で倒そう。その後、ええじゃないか音頭を踊りながら外側の大陸に移動します。

 

外側の大陸〜ゴンデャ・パタ

 フォッシル・ルーを抜けた後、北へぐるっと回るとゴンデャ・パタ。そこで、南東の森にクロマ族がいるという情報を得ます。コンデャ・パタのジャーナリスト・ゴンベが「クロマ族という呼称は、身体的特徴を強調しており、差別的意図が感じられる」とクレームをつけてきますが無視します。

 

枯れた森

 道しるべを見ながら常にふくろうのいない道を選択し、えぇじゃないか音頭2を踊りながら奥に進みます。

 

黒魔導士の村

 黒魔導士が大勢で自虐史観について論議しています。つまりこれは、作られた黒魔導士達が罪もない人を殺してきたことを罪と見るか、歴史的経緯から鑑みて妥当な行為であり、むしろ誇りうるべきものであったと考えるかという論争で、「もっと歴史的事実を直視してください」「貴方が主張する事実とは既に自虐史観というフィルターがかかっており、事実とは認定できません」と言ったよくわからない延々と続く議論。

 ジタン達は黒魔導士465号に「貴方達の思想的立場はどのようなものですか?」と問い詰められ、恐れをなしてすごすごと引き下がります。

 

再びコンデャ・パタ

 聖域に行くためには、儀式が必要。神主に会い、祭壇の上に登り、荘厳な雰囲気な中、自らがホモであることをカミングアウトします。儀式を終えたら一行は聖地へ…!

 

コンデャ・パタ山道〜向島

 山道で「全世界殺人鬼大百科」を読んでいるエーコと出会います。そのまま月島もんじゃ振興会廃墟に行きます。ジタンは勝鬨橋を見て、今にも橋が開いて、船が通ると期待をしますが、エーコに勝鬨橋はもう何年も開かないと諭され、落胆します。その見事な落胆ぶりを見てエーコはジタンに恋心を抱きます。

 

イーファ母なる大樹

 召喚獣の封印にソースをかけ、封印を解きます。比較的強い敵が出てきますが、ソースをかけると大体一撃で死にます。最深部にたどり着くと、ボスのザ・ストロング・ヤンキーとバトル。ソースをかけるとソースを回りにまき散らす技を使うのでソースは使わずに倒す。ザ・ストロング・ヤンキーを倒すと向島に移動します。

 

イーファの樹

 月島もんじゃ振興会廃墟後にサラマンダー登場。ジタンとえぇじゃないか音頭対決になります。ジタンが勝利した後、サラマンダーはジタンへの燃え盛る愛を告白します。

 ジタンは自分はホモではないと主張しますが、サラマンダーは「お前は、コンデャ・パタの祭壇でホモだと宣言したではないか…」と追求され、「あ…あれは…」としどろもどろになります。

 

イーファの樹

 イーファの樹でクジャと再会。そこに船に乗ったブラネが登場。ブラネはガーネットから抽出した週刊農林を振りかざし、バハムートを召喚。バハムートは現代の農林水産業の問題点を鋭く指摘します。

 すると突如、空に「警笛鳴らせ」の交通標識が出て、バハムートは混乱し、「IT革命後の世界、すなわち来るべき『e時代』にこそ、人のつながりが大事なのでス。」などと呟いたりしているうちに、DISK2は終わります。

<Movie(50sec)> 農林水産業を鋭く論評した後、ブラネ女王に対してIT革命の展望について語るバハムート

 

>>DISK3へ

 

[ FF9嘘攻略topへ | Dの嘘topへ ]