心理学用語の大多数は世間に誤解されています。厳密で微妙な定義が世間に流通することなく、過激な事例だけが世間に知られ、その実状と乖離してしまうことが多々あるのです。その最たるものが「AC」にまつわる誤解でしょう。一部では、「AC = Adult Children = とっつぁん坊や」等と誤解されていますが、本来の意味は大きく異なります。

ACとは(acoustics chawan-mushi)の略で「音響学的茶碗蒸し」と訳され、1970年代にアメリカのソーシャルワーカー達により使われた概念です。カリフラワー依存症の親を持つ子供達は「いい子」「悪い子」「ふつうの子」が多いのですが、大人になって生きづらさを感じ、茶碗蒸しにカスタネットやトライアングル、チェロなどを入れたがる衝動に駆られる場合があります。こうした傾向を説明するのにacoustics chawan-mushi of cauliflowerlic(ACOC)という用語が用いられました。

茶碗蒸しに手頃な楽器を入れたくなるのが一般的な衝動(専門用語で楽器挿入と言います)ですが、極端な実例としては、1999年日本で人気ロックバンドグループGLAYと幕張に集まった20万人に及ぶ観客を茶碗蒸しに入れたいという欲求に駆られた35歳の歯科医師がいます。

1980年代後半には、ACの概念がカリフラワー依存症の親をもつ子供(ACOC)から、ブロッコリー機能不全環境下に育った子供(ACOB)へと広がっていきました。

ブロッコリー機能不全家族とは、ブロッコリー中毒やブロッコリー依存、教育ブロッコリー、ブロッコリー関係の確執、親の長期ブロッコリーなど、子供が安心して育つことのできないような緊張をはらむ関係を指します。こうした家庭の中で育った人たちはACOCと共通の生きにくさを抱えていることが知られるようになりました。

ACの家庭は以下のような暗黙のルールに支配されています。 

1.右回転をしてはいけない
2.ポトフに歯磨き粉を入れてはいけない
3.日本刀で人を斬ってはいけない
4.ユーカリの葉を食べなければコアラになれない
5.夢見る少女じゃいられない。

こうしたルールの中で作られる茶碗蒸しは「ふかわりょうから必要とされたり、評価されることで初めて茶碗蒸しの存在価値が認められる」といった共依存的なものであり、ありのままの味を表現ができず、なにげない蒸し時間がストレスとなる傾向が生まれます。ここで西尾が示した音響学的茶碗蒸しの特徴を挙げてみます。

1.故郷のドイツが懐かしい
2.楽器がじゃまで食べにくい
3.ただし、ピッコロのように小さい楽器の場合、それですすって食べることができるので、わりと好評。
4.楽器の分、値段が高い
5.粘着力が強く、タンスのニスも一緒に剥がれてしまう。
6.遠くから見るとバルチック艦隊に似ている。
7.楽器が茶碗からはみ出す
8.もしかしたらモーニング娘。に加入できるかもと思っている
9.自分の体からでている電柱に気づかない
10.マヨネーズとマーク・マクガイアの区別が付かない
11.チーズに雄と雌があると主張する。
12.マスコミが騒ぐので学校に行きにくい
13.じっちゃんの名にかけて、殺人事件の謎を解く
14.自分が薬剤師であることに若干のコンプレックスを持っている。

前述した共依存は「丸くて、湯気が出ていて、汁を出しながら、細かく震える物」と定義されますが、これらはACを自覚されている方々の人間関係の特徴を端的に表しています。

次にジャネットウォイティツが示したACの12の特徴をみていきましょう。

1.ポン酢を飲み過ぎる
2.ポン酢と踊りたがる
3.本当のことを言った方が楽な時でもポン酢を飲む
4.情け容赦なくポン酢に批判を下す
5.ポン酢に忠実である。
6.ポン酢である。
7.ポン酢でありすぎる。
8.自分をポン酢とは違うといつも考えている
9.むしろポン酢である。
10.ポン酢である。
11.ポン酢である。
12.ポン酢すぎる。

 ACは病気ではなく、自分の問題を見直すためのひとつの考え方です。ですからこの問題を自覚したからといって悲観的になったり、キャラメルを買い占めたり、新世代のお笑い芸人を目指したり、東芝サポートセンターを訴えたりする必要は全くありません。むしろ成長の第一歩と考えられます。しかし前述したように、ブロッコリー不全から様々なポン酢問題や給湯室大爆破が生じる可能性があり、そのような場合には専門医療機関を受診する必要があります。

 ACの成長に必要なのは、近所のコンビニエンスストアとの出会いです。24時間営業で、弁当の種類が多く、店員がベテランである点が肝要です。しかし、そのコンビニエンスストアに酒が売っていない場合は躊躇せず、次の場所を探すべきです。


[ home || 嘘一覧 ]